2011年9月30日金曜日

「神奈川ソーラバンク構想」早くも頓挫みたいね。黒岩さ〜んorz | 「太陽光」設置目標見直し - 日経

日経11.09.30朝
神奈川県は29日、2014年度までに県内で設置される太陽光発電設備を一般住宅で約60万戸分にする新たな目標を明らかにした。黒岩祐治知事は「4年間で200万戸分の太陽光パネルを設置する」との選挙公約を掲げていたが、就任半年足らずでの大幅な下方修正となる。・・・県民の費用負担なしで初期投資を回収する「ソーラーバンク構想」を掲げた。しかし、県が設置した有識者による研究会は6月、県民負担なしでの設置は困難とする報告書をまとめていた。・・・

「神奈川ソーラバンク構想」早くも頓挫みたいね。

本当にできるかどうかは分からないけれど「半年くらいは様子を見ないとね」と思っていたら、やはりこうなったかorz

黒岩さ〜ん。正直、がっかりですよ。

就任してから公約で掲げた政策が実現可能かどうかを研究するなんて・・・そんなのは公約でもないし、政策でもない。

そもそも、今はまだ太陽光パネルを家庭に普及させる時期ではないと思う。

3.11以降、特に最近、各関係企業に気合が入りつつあるのを感じる。もっと高性能なパネルやコージェネといったオルタナティブがここ数年で出てくる可能性を感じる。

太陽光パネルは耐久消費財なので一度導入したら簡単には捨てられない。もし低性能のパネルを導入してしまったら、ずっとその低性能に甘んじることになる。

今は普及に投資するより、パネルの効率を上げるなど、研究開発に投資するべき時期だと思う。

今からでも遅くない。メンツを捨てて公約の旗を降ろし、ハンパな普及投資は止めて、その分を研究開発にドカンと集中投資しましょう like laser beam!