2011年9月23日金曜日

「iPhone by au」はもろ刃の剣とな | iPhone販売 独占崩す KDDI巻き返し 携帯勢力図激変も - 日経

日経11.09.23朝
・・・KDDIはアイフォーン販売について「ノーコメント」としている・・・「つながりにくい」との声があるソフトバンクの弱点を突き、巻き返しを狙う。ただアイフォーンはKDDIにとって「もろ刃の剣」でもある・・・ソフトバンクは・・・通信料を・・・他のスマートフォンより約1000円安く設定・・・アイフォーンに重点を置くソフトバンクとは異なり、他の機種との料金体系の違いをどうするのかが問題となる・・・投入は来年。顧客が新機種を買い控える可能性・・・KDDIが築いてきた音楽配信などの既存サービスとも競合・・・NTTドコモも今春までアップルと交渉を進めていたが、条件が折り合わず断念・・・アイフォーンでは「iモード」など既存のサービスの資産が活用できないとの判断もあった・・・

料金体系、買い控え、既存サービスとの競合・・・確かに、「iPhone by au」はもろ刃の剣だ。

ドコモの判断は妥当だと思う。単にケータイキャリアという立場ではなく、今後もiモードを使って統一感を持たせつつ、積極的に色々やりたいということだろう。

しかし、一体「Android au」とは何だったのか?・・・今や「Android docomo」だ。