2011年9月10日土曜日

「死の町」発言そのものは正しい。でもやっぱり鉢呂新経産大臣はアウトだ。 | 経産相、原発周辺は「死の町」批判受け即日撤回 - 日経

日経11.09.10朝
鉢呂吉雄経済産業相は9日、福島第一原子力発電所周辺を「死の町」と表現した自らの発言について「表現が十分でなかった。誤解を与える表現だったと真摯に反省する」と撤回した。福島第1原発を視察した後の8日夜に議員宿舎で防災服の袖を記者に押しつけ「放射能を分けてやるよ」と冗談まじりに述べたことも明らかになり、野党側が批判を強めている。野田佳彦首相は「死の町」発言を巡り記者団に「不穏当な発言だ。謝罪して訂正してほしい」と語った。・・・経産相は・・・「残念ながら周辺の町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形だった」と話した。

「残念ながら周辺の町村の市街地は人っ子一人いない、まさに死の町という形だった」

これのどこが間違ってる?事実では?間違っていないと思う。被災地の方々が可哀想だから間違いなのか?

ここでもし鉢呂大臣に志しと覚悟がおありだったなら、堂々と「それがどうした」とおっしゃるべきだった。

むしろ感情論を排して、その過酷な現実を広く国民に直視することを促し、だからこそ「死の町」を国民が一丸となって再生させなければならないのだ!と宣言していただきたかった。

しかし、情けなくも即撤回。ダサすぎるね。就任早々、鉢呂大臣は志しも覚悟も無いことがわかった。「放射能を分けてやるよ」という話を聞いても、それはもう明らかだろう。

残念ながら、「死の町」発言は単なる心ない発言にすぎなかったので即撤回したのだろう。それなら、全力で後ろ指さすべきだ。アウトだ。

そして野田新首相もこれがまた。事なかれを望んで、自分で選んだばかりの大臣を守ろうともしないという・・・これでリーダーシップがあると言うんですか?こんなことで日本を引っ張っていけるのですか?この調子では近いうちにまたボロボロと大臣が辞任して逝きそうだね。

さらに野党も野党。ここぞとばかりに閣僚失格だの任命責任だのと。我が事を狙って、政局を狙って、というのは悪くない。政治家たる者、自分の方が上手くやれると思うなら、それは当然だ。

しかし、「それだけ」の発言には恥を知るべきだ。そんなんだから自民党の支持率は上がらないのだろう。どうせ批判するなら「撤回こそが間違っている」と言ってみそ。きっとその方が支持率上がると思うよ。

新体制になって、今度こそ日本は立ち上がれるか?と思えば、新内閣は・・・日本の政治は・・・すでにグロッキーだorz