2011年9月15日木曜日

基準値をいじる議論でなく、最終処分場をどうするかの議論が必要だ | 放射性物質含む焼却灰 埋め立て当面凍結 横浜市、住民反発に配慮 - 日経

日経11.09.15朝
横浜市・・・放射性セシウムを含む下水汚泥焼却灰の埋め立て処理を当面凍結することを明らかにした・・・南本牧廃棄物最終処分場(中区)・・・林市長は「住民や港湾関係者への説明が足りなかった」と謝罪した。市によると、汚泥から検出された放射性セシウムは1キログラム当たり2442〜6468ベクレル。処分場への埋め立てが可能となる国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル以下)を下回っている。

ここ神奈川も、やはり間違いなく放射性物質に汚染されているというわけだ。ということは、千葉、埼玉、東京もそうだろう。

一応、国の基準を下回っているようなので、とりあえず法的な問題は無いと思うけれど、だからといって政治的に問題が無いとは言えない。皆が敏感になっている時期だし、少しでも納得してもらえるように説明は尽くすべきだろう。

ところで、この「国の基準」というのは、いつからのものだろう。3.11前?3.11後?それによってハマの市民の主張が通るものかどうか、変わってくると思う。

どうやら、ちょっと調べた限りでは「3.11後」のように見える。

6月時点の話。
8千ベクレル以下は埋め立て可能 政府、汚泥処分で方針 - 47NEWS(よんななニュース)

8月時点の話。
時事ドットコム:10万ベクレル以下は埋め立て=放射能汚染のごみ焼却灰-環境省

そしてこの先も・・・つまり、状況が悪くなれば国の基準値など青天井に等しいと言える。

なら、まともに規制してちゃんとその規制を守ったとして、一体どこに最終処分場を設けるのか?うーむ。

基準値をいじる議論でなくて、最終処分場をどうするかの議論が必要だ。