2011年8月16日火曜日

GoogleがApple化しそうな気配 | 米グーグルが買収 モトローラ携帯端末部門 - 日経

日経11.08.16朝
【シリコンバレー=奥平和行】・・・米グーグルは・・・米モトローラ・モビリティーを125億ドル(約9600億円)で買収すると発表・・・グーグルによるM&A(合併・買収)では過去最大規模・・・アップルと同様、ソフトからハードまでを手がける体制となる・・・

初代Google PhoneのNexus OneはHTC製、二代目のNexus SはSamsung製だった。Googleは恐らく、この二台を開発した経験とアップルのやり方を見て、相当ストレスを感じていたのだと思う。そこで、大枚はたいてでも自社でハードも作れるようになりたい!と考えたのではないだろうか。

TCの記事を見ると、さらに理由が浮かび上がってくる。

Google、Motorolaの買収によりAndroidエクスペリエンスの「フルコース」での提供を目指す

・・・Android携帯にてiPhoneをその牙城から引きずり下ろすには、ソフトウェアからハードウェアまで一貫したエクスペリエンスを提供する必要がある・・・Motorolaにはセットトッププロダクトもあり、精彩を欠くGoogle TVをサポートして、家庭環境に入り込む一助ともなる・・・注目しておきたいのはGoogleが取得することになるモバイル関連特許群だ・・・

なるほど。Androidのリファレンス機の開発。Google TVへのテコ入れ。そして豊富な特許群の入手。

これまでケータイでは台湾のHTC、韓国のSamsuns、GoogleTVでは日本のソニーと手を組んできた。つまり今後は「国外注」ではなく、「国内注」となるということだろう。これらアジアのメーカーやその系列への影響も少なからずありそうな気はする。