2011年8月16日火曜日

中国の「翻訳」が出ました | 中国 首相式辞、修正し報道 - 日経

日経11.08.16朝
・・・国営新華社は15日、全国戦没者追悼式の様子を短く伝えた。菅首相の式辞では「悲惨な戦争の教訓を語り継ぐ」としたところを「侵略戦争の悲惨さを教訓として語り継ぐ、と語った」と言い換えた・・・(北京=島田学)

出た。中国の「翻訳」。

やはり、中国にはジャーナリズムというものがないらしいね。

これで不幸になるのは中国国民であり、それはつまり中国が不幸になるということだと思うのだけれど。