2011年8月10日水曜日

原爆投下国の代表は辛いなぁ。その辛さを二度と人類に対して原爆を使わないという誓いへつなげて頂きたいものだ。 | 長崎、66回目「原爆の日」再生可能エネ促進訴え - 日経

日経11.08.09夕
・・・菅直人首相らが参列。田上冨久長崎市長は平和宣言で、福島第1原子力発電所事故による放射線被害に強い危惧を示し「原子力にかわる再生可能エネルギーの開発を進めることが必要だ」と訴えた・・・原爆投下国の米国からはズムワルト駐日首席公使が同国代表として初めて出席・・・参加国は過去最多の44カ国だった・・・

菅首相は、ここではあまり大したことを発言しなかったとみえる。記事には特に菅首相の発言についての話はなかったから。

しかし、原爆投下国の代表として出席するのも辛かろうなぁ。でも、その辛さを感じ、二度と人類に対して原爆を使わないことを是非誓って頂きたいものだ。

参加国は過去最多らしいので、世界各国の関心はそれなりに高いのだろうと思える。