2011年7月19日火曜日

写真はとにかく撮っておくものだ。写真は光のタイムマシンだから。 | 未来へのキオク by Google - 日経1面広告

今日の日経には、めずらしくGoogleの1面広告があった。多分、知る限り初めてじゃないかと思う。

その広告はこんな感じ。

Googleの日経1面広告

Googleは東日本大震災に関連してパーソンファインダーならぬフォトファインダーみたいなことをやっているらしい。プロジェクト名は「未来へのキオク

サイトを見ると「震災前」「震災後」の切り替え機能があるので、場所と時間の2軸でイメージを比較できるようにしたいのだろう。

広告にはこんな一文が。

Googleの日経1面広告の一部

そうか・・・「楽しかったから」か・・・

ここで求められているのは美しい写真や芸術的な写真ではない。ここで求められているのは、誰でも撮れる、ありのままの「あの場所」の記憶としての写真。

震災前は何の価値も持たなかった写真が、震災後には貴重な写真となることもある、ということだろう。

写真は、とにかく撮っておくものだと思った。10年、20年先の自分のため。そして100年、200年後の人類のため。

写真は光のタイムマシンだ。やっぱ、写真ってすごいよ。