2011年6月8日水曜日

「首相の座に恋々とすることはない」の「恋々」てどう読むのさ? 自分には理解出来ない「MAN'S WORLD」

管首相は「首相の座に恋々とすることはない」というようなことを言ったそうだけど、ずっと気になっていた。

まず「恋々」とはどう読むのか?ということ。

恋々の同義語 - 類語辞典(シソーラス)

「れんれん」と読むらしい。

もうひとつは、なぜわざわざこの言葉を使ったのかということ。「居座ることはない」とか「しがみつくことはない」とか「執着することはない」とかでもよかったのでは。

そう考えると、管首相はきっと「首相」という地位に恋しているのだろうなぁと思えてならない。

首相の地位なんて、寝れないし、批判は受けるし、あらゆる面ですごく大変だと思うのだけど。恋するほどのものなのだろうか。

よく「恋は盲目」と言われるけれど、首相という地位はこういった大変さが気にならないほど、平然とウソをつくほど、魅力的なものなのだろうか。

自分には理解出来ない「MAN'S WORLD」だ。天国にいるJBよ。これ、わかる?