2011年6月23日木曜日

韓国の危機感の持ち方は素直にすごいと思った | K-POP育成 韓国政府が支援 - 日経

日経11.06.23朝
・・・韓国文化体育観光省は・・・K-POP・・・のアーティスト育成とファン拡大を目指し「K-POPアカデミー」(仮称)支援事業を推進すると発表・・・

いやはや、すごいな。韓国政府が映画制作の支援をしているという話は聞いたことがあるけれど、音楽まで支援しようとは。

これがもし、日本政府がJ-POPを支援ということになると、それなりのインパクトがあるだろうなぁと想像できる。

韓流、K-POP、Samsung、LG・・・韓国は日本と違い人口が少ないこともあって、輸出しなければ国として生きていけないことをよく分かっているのだろう。だから危機感があるのだろう。

一方、日本はこれから人口が減っていくといっても、なんだかんだでまだ1億人以上いる。そこそこの市場規模だから、内にこもろうと思えばこもれるので「外に出なきゃ!」と強く思うまでの危機感は韓国に比べると少ないのかもしれない。

自分のことを考えても、そう思うもの。例えば「まずは日本で」という気持ち。韓国はこの「まずは」が無いから、即、外。

こんな気持でいいハズがない。さりとて、そういう環境で育ってきてしまった性質というのをいきなり変えるのも、ムズカシイものだなぁ。