2011年6月30日木曜日

「Google+」人間関係のランクを制御できるSNS。すばらしい着眼点。しかしBuzzはこれで完全にR.I.P. | グーグルは交流サイト フェイスブックに対抗 - 日経

日経11.06.29夕
【シリコンバレー=奥平和行】米グーグルは28日、友人を「知人」「親友」などとランク分けして情報を共有できる新たな交流サイト(SNS)「グーグル+(プラス)」を始めたと発表・・・グーグルのヴィック・ガンドトラ上級副社長は・・・「既存のサービスではすべての人間関係を友人というひとつの枠でくくってしまうことが問題だ」と指摘・・・

人間関係のランクを制御できるSNS・・・素晴らしい着眼点だと思う。ついにGoogleも本気になってしまったか?

しかし、何かを「制御できる」ということは、その一方で「面倒になる」ということも暗示している。制御できるメリットを最大化しながら、いかに面倒な部分を最小化できるかがポイントになるのじゃなかろうか。

まだプライベートベータ段階なので見られないけど、楽しみなサービスだ。

Google+ プロジェクト

しかしなぁ・・・Buzzはこれで完全にR.I.P.というワケだ。