2011年6月11日土曜日

枝野官房長官殿。しかと覚えておきまするぞ。 | 「出荷停止の茶葉に賠償」 - 日経

日経11.06.11朝
枝野幸男官房長官は10日の参院予算委員会で、放射性物質が検出され出荷停止となった茶葉について「関係業者には(損害を)補填する」と述べ、賠償の対象にする考えを示した。同時に「大変厳しい規制値にしたので、流通しているお茶は安全だ」と強調した。

これは記事の全文。2cm×3cmほどの極小記事だったが、この発言は重要だ。

出荷停止になった茶葉の損害を国が補填するらしい。枝野官房長官殿。しかと覚えておきまするぞ。

しかし、国が補填するといってもその金の出どころは結局、生産者も含めた国民の税金なのであって・・・

やっぱり、そもそもこういった問題が起こらないようにするにはどうすればいいのか、ということを考えなければいけないなと、改めて。