2011年6月7日火曜日

発電機の超電導?学歴も年齢も関係ないのだなぁ | 磁力抵抗「ゼロ」の発電機 草津の男性が発明 : 京都新聞

磁力抵抗「ゼロ」の発電機 草津の男性が発明 : 京都新聞

滋賀県草津市の元建設請負業の・・・平松敬司さん(72)の連式発電機・・・磁石同士が引き合う力が働くため、回転が重くなることが「宿命」だった・・・磁石が引き合う力を相殺させることを発案・・・国際特許を出願し、現在審査中・・・京都大の中村武恒准教授・・・解析したところ、発電機を8台並べると磁力の抵抗がほぼゼロになることが分かった・・・ハイブリッドカーや電気自動車の発電機をはじめ風力発電機などへの導入も期待される・・・


つまり、発電効率を高める技術というわけだ。発電機の超電導みたいなものだろうか?

風力発電もそうだけど、結局原発だってタービンを回して発電するわけで、様々なところで応用できそうだ。となれば、世界の発電効率が上がる?すばらしい。

科学者でもないのに、アイディア次第でこんなすごいものが作れるのか。72歳という年齢を考えてもすごい。

学歴も年齢も関係ないのだなぁ。