2011年6月3日金曜日

日経は不信任案には反対だったのに、否決されたら早く辞めろというの? | 社説 首相は懸案片づけ早期退陣の時期示せ - 日経

日経11.06.03朝
・・・自らの延命のために、いたずらに退陣を遅らせることは許されない。・・・不信任案が可決される事態は回避されたものの、この状況を招いた首相の責任は極めて重い。・・・指導者がいったん「退陣」を口にしたからには、できるだけ早く、後任に道を譲ることが国益にかなう。菅首相が早期に退陣の道筋をつけ、震災復興や、社会保障と税の一体改革などを強力に推進できる新政権を作ることが急務である。

あれ?日経は不信任案に反対だったのでは?

琴線探査: 不信任案に日経は反対らしいね。自分は賛成だけど、ポスト管のイメージが無いというのは同感。 | 社説 政争にかまけている時間はないはずだ - 日経

「不信任案が可決される事態は回避」できたことを喜んでいながら、否決されたら首相に早く辞めろと迫るのか?矛盾してるのでは?首相が変わっても、総選挙はダメということだろうか。つまり、民主党政権維持がよいと?

もはや震災復興や社会保障改革などを強力に推進できる新政権を、総選挙もナシで作れるとは思えないね。