2011年6月2日木曜日

不信任案「たちあがれ日本」も共同提案。首相の座を谷垣総裁が平沼代表に譲らないかな・・・と | 小沢・鳩山氏ら大量造反へ 不信任案きょう採決 - 日経

日経11.06.02朝
・・・野党5党党首会談で、自民、公明両党とたちあがれ日本による不信任案の共同提案で合意した。みんなの党は賛成する。共産、社民党は危険の見通し。・・・可決した場合、憲法の規定により、首相は内閣総辞職か衆院解散・総選挙を迫られる。・・・

自公の共同提案かと思っていたら、たちあがれ日本も加わっていたのか。これはポイントだ。

残念ながら、たちあがれ日本はほとんど支持率ないけれど、ポスト管の首相にピッタリではないかと思うお人がいらっしゃる。それは「平沼赳夫」その人だ!

自分はポスト管の首相には全般的な実務能力は求めない。実務は優秀な人を集めて脇を固めればいい。しかし、絶対に欲しいのは「滅私の心」と「人を感動させる力」だ。

要するに、最高の「応援団長」が欲しい。

琴線探査: 映画「フレフレ少女」でわかった応援団を好きな理由

多くの政治家に対しても同じように、全ての政策に同意できるわけではないけれど、平沼代表はその可能性が大いにあると思う。

ポスト管の首相は、普通に考えれば自民党総裁の谷垣禎一議員だろう。しかし、失礼ながら、総裁は誠実だと思うし「滅私の心」は持っているかもしれないけれど、「人を感動させる力」が足りない。団長より、副団長タイプ。

つまり、首相の座を谷垣総裁が平沼代表に譲らないかな・・・と。難しいか・・・

しかし、もしこうなれば、それこそ党派を超えて優秀な人材を集める「救国連立内閣」ができるのではないか、と思うのだけど。

まぁそもそも、不信任案が可決されるかどうかもわからないわけだけど。審判の時は近い。