2011年6月3日金曜日

新聞も自分も、みんな、みーんな管首相に負けたんだと思う | 首相、震災対応後に退陣 - 日経

日経11.06.02夕
・・・内閣不信任決議案は2日午後、衆院本会議で採決される。・・・大量造反が確実な情勢。・・・菅直人首相は同日昼の党代議士会で「東日本大震災への一定のメドがついた段階で、若い世代の皆さんに責任を引き継いでいきたい」と表明した。同党は分裂必至の状況・・・

これは昨日の日経の夕刊の記事だ。管首相の「メド」発言があったことは報じているので、ホントに直前まで記事を書いていたのだろうことがわかる。

この段階では、まだ日経でも大量造反確実、民主党分裂必至と見ていたようだ。しかし、結果は否決。大量造反ナシ。民主党分裂もナシだ。

他のメディアもそうだけど、日経も「若い世代の皆さんに責任を引き継いでいきたい」を「退陣」と受け取っている。いや、常識で考えたらそう思う。ただ、この言葉をよく見なくとも「退陣する」とか「辞任する」とは一言も言っていない。

これが管首相というお人なのだと思う。きっと辞任する気はない。だから強制的に辞めさせなければならなかったのに・・・

要するに、鳩山前首相も小沢元代表も、自民党も民主党も、新聞も自分も、みんな、みーんな管首相に負けたんだと思う。してヤラれた、一本取られた、のだ。

管首相はしぶといだけでなく、相当な策士だ。やはり、とにかく総理になっただけはある、と認めざるを得ない。