2011年6月22日水曜日

死ぬまでに是非一度乗ってみたいものだ | 東京-ロンドン2時間半 EADS、超音速機開発へ - 日経

日経11.06.21夕
・・・欧州航空防衛大手でエアバスの親会社でもあるEADSは20日、東京-ロンドン間を現在の約5分の1となる2時間半で結ぶ超音速旅客機の開発計画を明らかにした・・・2050年ころの実用化を目指している・・・ZEHST・・・いまの旅客機の約3倍の高度の上空約3万2千メートルをマッハ5(音速の5倍)で巡航・・・温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)の発生はゼロ・・・(パリ=古谷茂久)

飛行機っても、ほとんどロケットなわけで。

東京ロンドンが2時間半ってどんだけ速いのさ?どんだけのGを感じるのさ?どんだけの絶景が見られるのさ?・・・と興奮してしまう。

実用化は2050年頃。そうだなぁ・・・それくらいならまだ生きてるかなぁ・・・しかし、この飛行機のGには耐えられない体になっている可能性も。

死ぬまでに是非一度乗ってみたいものだ。できれば、宇宙にも行ってみたい!