2011年6月10日金曜日

その手があったか。花火大会、中止を阻止、する方針。 | 10月に多摩川花火大会 - 日経

日経11.06.10朝
・・・8月恒例の「川崎市制記念多摩川花火大会」を、今年は10月1日に開催すると発表した。電力需要のピーク期を避けつつ「花火大会を通じて川崎から元気を発信したい」(阿部孝夫市長)・・・

その手があったか。花火大会、中止を阻止、する方針。何故かKDUBコッタ的韻踏みを思いついちゃった(^^); こんな韻踏みが実際あったような、ないような。

そう、無理して夏にやらなくてもいいんだ。気持ち的には夏がいいけど、何も無いより気分的にマシだし、地元経済にとってもマシ。

厚木の花火大会は今年はナシだけど、64年の伝統を継ぐためにこういった方法もあったのかも。

琴線探査: あつぎ鮎まつり花火大会中止。そこで伝統を継ぐため、とびきりデカイのを1発だけ打ち上げるというのはどうだろう? | 花火大会の灯を絶やすな - タウンニュース

返す返すも残念だ。

またK DUBコッタ的韻踏みができちゃった。「厚木の夏。花火大会。電力不足に気力不足。今年はナシ。来年もナシ。秋でもあった、方がマシ。」 #atsugiFri Jun 10 03:07:31 via Twitter for Mac