2011年4月9日土曜日

25%抑制でいいならエアコン停止でどうにでもなる。ただ、電気を使わないで涼をとる昔ながらの知恵を発掘して実践しないと、暑いなこりゃ | 夏の電力不足1500万キロワット 政府、総量規制も検討 - 日経

日経11.03.23
・・・東日本大震災に伴う首都圏などでの電力不足が最大で1500万キロワットになることが22日に明らかになった・・・東京電力は停止中の横須賀発電所・・・などの稼働を検討しているが、猛暑になった場合の最大需要には及ばない・・・一定時間電気が供給されなくなる計画停電よりも生産設備への影響が少ない・・・

やっぱり、夏には電力が不足しそうだ。

総量6000万キロワットとして1500万キロワット足りないということは、全体で25%程度節電すればOKというわけだ。

思ったより状況は悪くない。産業はともかく、家庭で25%削減することくらいはできる。エアコンを諦めればいい。

うちは乾燥するので夏でもエアコンをできるだけ使わないようにしている。それでも夏には電気代が2倍3倍に膨れ上がる。もしエアコンの使用をさらに抑制すれば、25%程度の節電はわけない。

ただ、暑いことは暑いだろう。扇風機、うちわの使用は当然として、打ち水その他の電気を使わないで涼をとれる昔ながらの知恵を発掘して実践しなければと思う。

政府や小売も、何かこういった知恵を提供していただきたいと思った。