2010年9月3日金曜日

アプリだからといって、全てをアプリらしいインターフェースにする必要はないなと学んだ | 全駅時刻表 アイフォーンで 国内鉄道会社初、無料で提供 - 日経

日経10.09.03朝
・・・相鉄全駅の時刻表を閲覧できる・・・相鉄アプリ・・・アイフォーン用アプリを使って全駅時刻表を閲覧できるのは国内の鉄道会社で初めて・・・相鉄アプリは今年4月に公開した。8月末時点のダウンロード数は1万3000を超えたという・・・

相鉄アプリについては、前に書いたことがある。
琴線探査: この映像はリアル電車でGOだ | 相鉄HD ソフト配信参入 iPhone向け 電車映像など - 日経

確か、鉄道会社がこういったアプリを出したこと自体が国内初だったと思うけど、さらに先を行ったというわけだ。

早速試してみようとするも、残念ながらiPhone3G+iOS4ではどうやっても起動せず!前も起動時に問題があって、その時はiPhone再起動で解決できたが、今回はダメらしい。

そこでiPadで起動させた。さすが、難なく起動。

時刻表は「無料DL」からダウンロードするとコンテンツリストに表示される。


「ポケット時刻表」に行くと、路線図が表示される。


路線図の各駅の名前をタップすると時刻表が表示される。


ふむ。特に難があるわけではない。

ただ、時刻表というのは一定期間で更新されるものなので、もし更新されたときはどうするのか?という疑問が湧いてくる。恐らくは、また「無料DL」から最新のデータをダウンロードすることになるのだろう。

ただ、どうなんだろう。時刻表の一連の流れをみて思うのは、ここは必ずしもアプリである必要があるか?ということだ。アプリ内で表示するとしても、WebViewを使ってサイトのページを表示させたほうがユーザーの手間も省けるし、開発コストも下がるのじゃないだろうかと思う。

アプリだからといって、全てをアプリらしいインターフェースにする必要はないなと学んだ。時には単なるWEBページの方がいい場合もある。