2010年9月1日水曜日

これは偶然ではなく必然だ。教授の講義はしかと見なければならない | 正義とは何か 語り合おう 政治哲学者 マイケル・サンデルさん - 日経

日経10.09.01夕
・・・ハーバード大教授・・・「正義」の講義は同大史上最多の履修者数を誇る・・・今日、公の場で真剣に「正義」について議論をしたいという人々の渇望、飢餓感が深まっている。それは社会において、人々が不正義を感じている表れだろう。・・・今、民主主義をより深め、強化したいと願うのであれば、貧困や不平等が、なぜ道徳的にいけないのか、公の場で熟議を行なうべきだ。市場原理主義的な傾向・・・市場は・・・何が正しい社会か、よき社会かは教えてくれいない。・・・政治家が正義を与えようとするのを待っていてはいけない。その前に、市民の側から良い政治を要求するのだ。・・・哲学を学ぶ最良の学校は夕食の食卓だ。・・・(聞き手は文化部 白木緑)

何という偶然だろう。今日、マイケル・サンデル教授に関連する記事を書いたばかりだ。
琴線探査: YouTubeのChromeless Playerで字幕(Closed Caption)は表示できるのか?

不正義を感じるから、正義を論じたくなるというのは、その通りかもしれない。

しかし自分には、なぜ貧困や不平等が「道徳的に」いけないのかは正直わからない。ハッキリ言って、貧困も、不平等も、それは世の常だと思う。

裕福な人がいれば貧乏な人がいるのは当たり前だし、人はそもそも平等ではないと思う。ただ問題は、それが不当なものかどうかだ。もし不当なものであれば、それは政治の力をもって正さなければならないだろう。

こんなことを言えるのは、自分が恵まれた人間だからなのだろうか。ますます教授の講義をちゃんと見なければと思う。

さらに偶然は重なる。「政治家が正義を与えようとするのを待っていてはいけない」とのお言葉は、これもまた今日書いた「自助論」の記事と重なる。
琴線探査: つまり、政治がダメ〜国がダメ〜ということは国民がダメ〜自分がダメ〜ということなんだなぁ - 「自助論」 S.スマイルズ著

きっと間違いない。これは神か守護霊か何かが自分に「今こそ教授の講義をしかと見よ」と指令しているに違いない。了解しました。しかと見ようじゃありませんか。

「哲学を学ぶ最良の学校は夕食」とのお言葉もうなづける。自分の場合は母が夕食を作っている時間だった。母が夕食を作っている間に新聞を読みながら「なんだよこれ?おかしいよ!」などといっては母とよく議論を交わしたものだ。それが今の自分に多大に影響していることは強く感じる。

とにかく、これは何かの巡り合わせだ。TOKIOの国分太一さんの言葉を借りれば、これは「偶然ではなく必然」だろう。教授の講義はしかと見なければならない。