2010年8月17日火曜日

「フォローする」ということの意味を考えさせられた | Twitterが“Followed By”と“You Both Follow”機能を全面公開―とても強力なソーシャルツールと判明 - Tech Crunch Japan

Twitterが“Followed By”と“You Both Follow”機能を全面公開―とても強力なソーシャルツールと判明 - Tech Crunch Japan

・・・“Followed By”は、現在そのページを開いている相手のユーザーを、自分がフォローしているユーザー・・・がフォローしていることを表示する。ここで誰かをフォローするという行為はその相手に対する信任投票あるいは推薦だということが暗黙の前提となっている。・・・“You Both Follow”・・・まだフォローしていない相手のTwitterページを見ているとしよう。その相手をどのように評価するか? 自分がフォローしているユーザーをその相手もフォローしているとするなら信任は高まることになる。その結果フォローすると決断することになるかもしれない。・・・

なるほど。これは最近Twitterのサイトに追加された「おすすめユーザー」(Who To Follow)とは違うらしく、日本ではまだ追加されていないらしい。

「おすすめユーザー」の機能はその「おすすめ」の理由がイマイチわからない。しかし、“Followed By”や“You Both Follow”なら、その理由は明確だ。その結果、よりフォローしたりフォローされたりする率が高まって、さらにコミュニケーションのトラフィックが増えると思う。

自分はTwitterにコミュニケーションの要素を求めていないので、自分からフォローすることはほとんどない。ただ、「フォローされる」ということにはひとつの価値はあるだろうとは思っていた。しかし、この記事を読んで、このことがよりハッキリした。

「フォローする」ということはやはり「その相手に対する信任投票あるいは推薦」ということなのだ。もっと言ってしまえば「その相手に価値があるか」という意味に近い。

日本語には「フォロー返し」ということばがあるけれど、自分はこれすらしない。自分がフォローもフォロー返しもしない理由をさらに考えると、まず情報過多を防ぐため、そして、もしそれをやってしまうと、ハマッてしまってそれが生活の中心になってしまう可能性が高いから。自分はある種の関係のある人の発言を、なかなか無視できないからキケンなのだ。

しかし「フォローする」が「その相手に価値があるか」という意味ならば、たとえ自分に悪気がなかったとしても、たまにフォローしてくれる人達に対してすごく失礼なことをしているのだと思う。ごめんなさい。