2010年8月6日金曜日

厚木の鮎まつりの前夜祭で見た中村中さん。

明日は厚木の鮎まつりの花火大会だけれど、久しぶりに行けないから前夜祭だけでも行ってきた。なかなかの人出だ。

厚木バーガーやらサンクトガーレンのビールやらシロコロやら・・・ねらって地元のモノを選んで小銭を落としてきた。地元の人かどうか知らないけど、タイ料理の屋台が美味しかった。なぜか介助犬の募金活動もやっていた。トイプードルも介助犬になるのだということを初めて知る。

例年、鮎まつりの前夜祭はミュージシャンを呼んでライブをする。今年のメインアクトは中村中さんだった。初めてライブを見た。

彼女?彼?何とお呼びしたらよいのかわからないけれど、とにかく可愛らしい人だと思った。

独自の世界観をお持ちで、特に客に好かれようとは思っていない感じ。でも、客を楽しませようとは思っている。音楽的には歌謡曲的。恨み節がお得意のようで、アンコールの恨み節は良かったなぁ。

そしてポイントは、話す言葉がきれいだったということだ。単に丁寧という意味ではない。何と表現したら良いかわからないけれど、きれいだと思った。

中村中さんは、やはり只者ではないようだ。