2010年7月13日火曜日

Twitterでの歴史的な初Tweetはどんなものだったか? | San José 紀行: Cumbre del Futuro 2010 未来サミット2010

San José 紀行: Cumbre del Futuro 2010 未来サミット2010

faebook/twitterの経営陣がやって来た!国内最大手新聞社 nacion.comの協賛で、faebookのDave Morin氏とtwitterのDom Sagolla氏が来コスタリカしました。・・・twitterのDom氏の話は・・・「結局iPhone頼み?」という感触が拭えない内容に少し残念・・・以下は創業者jack氏の記念すべき最初のつぶやきと、それに応答したdom氏のつぶやきとのこと・・・facebookに圧倒的な哲学があることを知り・・・やっぱり哲学のある商品は強いと思います・・・

先日コスタリカで行われた「未来サミット2010」に、Twitterとfacebookの人々が来て講演したらしい。

その講演で、Twitterでの歴史的な初Tweetがどんなものだったのかが紹介されたようだ。それは、こんなものだったらしい。

"One Could change the world with one hundred and forty characters."
-@jack

"oh this is going to be addictive"
-@dom, tweet 38

なにげに"one"で韻を踏んでいるようだ。気が利いているなぁ。

これを見れば、Twitterの人々はTwitterを世に出す前に、これは世界を変えるだろうという確信を持っていたのだと思う。

きっと、身震いしていたに違いない。

自分もいつか、身震いするほどのサービスを世に送りこみたい、とより強く思った。