2010年7月10日土曜日

「金盾」でブロック可能だしまぁいいか、ということなのだろう・・・ | 中国、グーグル免許更新 - 日経

日経10.07.10朝
・・・中国政府が同社の中国でのネット事業免許の更新を認めたと発表した。中国政府はグーグルとネット情報の検閲を巡り対立してきたが、グーグルのサービスの見直し等の対応を評価。深刻な決裂を回避・・・現在も中国大陸からの利用者がグーグル香港版につなげて民主化運動に関する言葉を検索しようとすると、接続を切断されるなど情報の制限が見られる。中国当局は今回の免許の更新を認めても、一分の内容の制限は引き続き可能と判断したようだ。中国側では対米関係に一定の配慮が働いた可能性もある・・・

先日の報道では免許更新は難しいという話だったので、どうなったかと思っていたのだ。
琴線探査: Googleの戦場は技術・経済分野だけではないとわかる。大変だ。 | 中国の免許「グーグル、更新困難」 - 日経

とりあえず、よかった、のかな?

なるほど。中国はアメリカとの関係に配慮して深刻な決裂を回避したかったようだ。そこで、Googleに香港である程度自由にやらせたとしても、例の「金盾」(Great Firewall of China)でブロック可能だし、まぁいいか、ということなのだろう。
金盾 - Wikipedia

自分としては無理だろうと思っていたけど、中国もさすがに国際関係を重視しなければならない立場にあるということだろう。思ったよりもよっぽど国際関係を重視していると感じる。


Tech Crunch Japanでも記事になっている。
Googleが中国での操業を再び許可された–かんじんの問題は未解決だが

確かに、結局何の問題も解決されていない。現状維持だけだ。多分この調子でずっといくのだろう。