2010年7月28日水曜日

3議席が2議席に落ちで責任論とは・・・なんてスケールの小さい話なんだ。 | 社民、揺らぐ福島体制 辻元氏離党 - 日経

日経10.07.28朝
・・・辻元清美・・・離党を正式に表明・・・「離党届を提出した。無所属議員として活動を始める」と表明・・・理由は与党指向。「政権の外に出たら政策の実現が遠のくことも心配だった」・・・菅直人首相・・・「大変有能な政治家とは思っている」と評価。仙谷由人官房長官も・・・誘い水を向けた・・・参院選で改選3議席を2議席に減らした福島体制の責任論がくすぶる・・・

どうなるのか心配していたけど、辻元議員はなんとか離党できたようだ。
琴線探査: ん?おお!是非自由にさせてあげてくださいと言いたい | 辻元氏、社民党離党の意向 - 日経

とりあえずは無所属だとのこと。イキナリ民主党へ行くというのもなんでしょうから、こうなるだろうと思っていたけれど。今後、民主党に入らずに無所属を貫く線もなくはないけれど、離党理由が「与党指向」なら早晩、政権に近づこうとするだろう。

とにかく、信念を貫く方法は色々ある。辻元議員も思うところあっての離党だと思うので、是非信念を貫き通していただきたいと思う。

しかし、参院選で改選3議席が2議席、つまりたったの1議席失っただけで責任論が浮上とは・・・なんてスケールの小さい話なんだ・・・

こんなスケールの小さい話を内輪でするより、やるべきことはほかにあるだろう。