2010年6月21日月曜日

新しい単位「TPS」 | ツイッターで最もツイートされたのは 日本VSカメルーン戦の本田のゴールの瞬間(MarkeZine) - Yahoo!ニュース

ツイッターで最もツイートされたのは 日本VSカメルーン戦の本田のゴールの瞬間(MarkeZine) - Yahoo!ニュース
・・・ゴールが決まってからの30秒間において最も高いTPSを調べたところ、この1週間で最もツイートされたゴールは、日本がカメルーン戦でゴールを決めた瞬間で2,940 TPSを記録。2位はブラジルが北朝鮮戦で最初のゴールを決めた瞬間(2,928 TPS)、3位はメキシコが南アフリカと引き分けた瞬間(2,704 TPS)だった・・・TPS(Tweet-Per-Second: 1秒あたりのツイート数)・・・

TPS(Tweet-Per-Second: 1秒あたりのツイート数)だそうだ。感覚としてはFPS(Frame-Per-Second)というところだろうか。新しいトラフィックの単位だね。

ところで、最高TPSは日本対カメルーンのゴールの時らしいけど、これは多分「世界で」ということだと思われ。

いやはや。日本人はかなりのTwitter好きだなぁ。ランキングをみれば、本国アメリカでもここまでじゃないようだけど。

なんかMr.BIGを思い出す。本国じゃ人気なかったけど日本じゃ大人気、という。Mr.BIGはいいバンドだったので、ある意味、日本人は見る目があるのかもしれない。