2010年5月6日木曜日

「Can you follow through? really?」残念ながら「No, I can't.」 | 普天間移設 県外を断念 首相、沖縄で表明 辺野古に回帰 - 日経

日経10.05.05朝
・・・「最低でも県外」との約束は「党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」と民主党の公約ではないと釈明・・・稲嶺市長との会談で首相は・・・辺野古の海を汚さない形での決着を模索していくことが重要だ・・・仲井真知事との会談では「全てを県外というのは現実問題として難しい。沖縄に負担をお願いしなければならない。パッケージの中でできる限り軽減していきたい」・・・稲嶺氏は記者団に「政府側と会っても新しい道は開けない」と・・・辺野古に決めていれば、どんなに楽だったかしれない・・・つまり「沖縄の皆さんの思い」をおもんばかったあまり、ずるずると今日まで結論が長引いた、と言いたげだ・・・驚くべきは、これが首相の不正直さからきたものではなく、知識と経験の不足が原因だったらしいことである・・・

なんてこった・・・win-winはムズカシイにしても、win-loseどころか、lose-lose。結局、誰も得していないのじゃなかろか?・・・沖縄の人々、首相ご本人、政府、民主党、アメリカ、そして日本国民。そのうちの一者でも何か得した立場の人がいるだろうか。

結局「沖縄に負担をお願いしなければならない」のなら、なぜ始めから沖縄の人々に誠心誠意理解を求めようとしなかったのだろう。甘い顔をして裏切ったのだから、今更誠意などといっても通じるはずがない。このパターンは、仕事関係でも男女関係でも最もよろしくないパターンだと親に教えられたことを思い出す。

「Can you follow through?」オバマ大統領、残念ながら、我が国の鳩山首相にはもはやこの問題を解決する力はないでしょう。


同日の他の記事では、仙谷由人戦略相がこのように言っているらしいことを見た。

・・・「この段階でカタがつかないからといって、政治責任をとらないといけないという、せせっこましい話ではないと思っている」と引責辞任の必要はないと強調・・・

「せせっこましい」?

もし自分なら、沖縄の人々を裏切り、アメリカを裏切り、民主党への国民の期待を裏切り、日本の威信を傷つけ・・・全てをひっくるめて多くの日本人をここまで落胆させたことを「せせっこましい話」とはとても表現出来ない。


情けは人のためならずと申します。鳩山首相だって悪意があってこうなったわけではないだろう。それはわかる。そして、その資質を見極められなかった自分にも責任があるのだ。

だから「知りませんでした。力不足で申し訳ない。」も受け入れよう。しかし、今の日本に失敗を何回も許容する余裕はない。もはや、より良く日本を導ける人物に道を譲るのが首相の責任というものではないだろうか。