2010年4月8日木曜日

やはり拙速なニオイがぷんぷんする | SIMロック解除は実現するのか? 必要なのか? - ケータイ Watch

SIMロック解除は実現するのか? 必要なのか? - ケータイ Watch

・・・なぜSIMロックが掛けられているのか・・・携帯電話事業者としては提供した販売奨励金がムダになってしまう・・・端末を購入したユーザーが解約してしまい、他事業者と契約したり、他事業者のユーザーに譲渡してしまうと、間接的ではあるものの、開発費がムダになる・・・「海外ではSIMフリーが当たり前」といった声もよく耳にするが、実際のところは必ずしもそうとは言い切れない・・・なぜSIMロックを解除したいのか・・・通話料や通信料を安くしたい・・・SIMフリーの端末に挿し、アクティベーションをすれば、渡航先の携帯電話事業者の料金体系で利用できる・・・SIMロックが解除されれば、よりネットワークの充実した携帯電話事業者に移行しやすくなる・・・ソフトバンクがもっとも影響を受けることになりそう・・・SIMロックの解除を打ち出すことで、結果的にネットワークの充実した携帯電話事業者ばかりが有利に・・・SIMロック解除はガイドラインなのか、強制なのか・・・内藤総務副大臣・・・「複数の事業者がいるのに、特定の事業者だけが応じないのでは意味がない。努力義務とは言いながらもすべてのオペレーターさんには等しくSIMロック解除に応じていただき、ユーザーに使ってもらえるようにしなければならない」・・・モバイルビジネス活性化プランでまとめられていたため、法制化するかどうかを2010年に決めなければいけなかった。・・・(法林岳之)

引用が長すぎる。少しまとめよう。

なぜSIMロックが掛けられているのか
・販売奨励金がムダになる
・開発費がムダになる

「海外ではSIMフリーが当たり前」ではない
・一定期間ロックがかかっている場合も

なぜSIMロックを解除したいのか
・通話料や通信料を安くしたい
・ネットワークの充実した携帯電話事業者に移行しやすくなる

SIMロック解除はガイドラインなのか、強制なのか
・努力義務だがほぼ強制

問題はここだ「モバイルビジネス活性化プランでまとめられていたため、法制化するかどうかを2010年に決めなければいけなかった」。

そういうくだらない理由で日本のモバイルビジネスが根本から覆されるかもしれない議論の結論を急ぐのか?やはり拙速なニオイがぷんぷんする。