2010年4月20日火曜日

iPhone SDK 3.2と4.0betaは共存可能か?

iPhone SDK 4.0betaだけインストールして話が済むなら、こんなことをする必要はなかった。

しかし、そもそも4.0beta(Xcode3.2.3)で開発したアプリはSDKのバージョンを落としたとしても審査に出せないことになっているし、4系の仕様で作るのには便利にできているが、3系の仕様で作ろうとすると面倒というか、普通にテンプレートを使うと動作すらしない。

現状の開発も続けながら4系の開発もしたい場合は、そりゃもう共存させるしかない。できるのか?どうやらできるようだ。

4.0betaを一度下記のようにコマンドラインからアンインストール。
# sudo /Developer/Library/uninstall-devtools --mode=all

/Developer配下にゴミのようなものが残っていたけど、思い切って全部ゴミ箱行きに。

3.2を/Developerにインストール。

4.0betaを外部ディスクの/Developerにインストール。外部ディスクは「Time Machine バックアップ」ディスクでもあったが、バックアップ動作中のインストールは失敗した。

これで両方のバージョンのXcodeの同時起動を確認した。何か問題はないのか?とは思うけど、今のところ特に問題らしい問題は見つかっていない。

Macが2台必要なのかと思ったけど、良かった(^^)