2010年4月14日水曜日

フレー!フレー!シャー、アー、プゥ! | シャープ携帯 海外で反攻 高機能型を展開 - 日経

日経10.04.14朝
・・・【北京=多部田俊輔】伸び悩む国内市場に閉じこもっていた携帯電話メーカーが海外進出へ動き始めた。シャープは米マイクロソフト(MS)と組んで5月以降、欧米でスマートフォン・・・「KIN(キン)」を発売、中国でも・・・(3G)に対応した端末を本格投入・・・アジアでの3G普及で再進出の環境が整い始めている・・・「カラー液晶もカメラ付き携帯も世界初だったのになぜかいがいにでられないのか」・・・今後はMS、アップル、グーグルなどの世界標準に準拠して海外市場での巻き返しを狙う・・・

おお!すばらしい。

シャープといえば、古くはJ-PHONE時代に「写メール」の原型となった機体を出したメーカーだ。きっと悔しかったに違いない。

携帯ではないが、シャープはX1やX68000という画期的なパーソナルコンピューターの名機を生み出したメーカーでもあり、昔から好きなメーカーの一つだ。

Windows Phone 7というところが微妙だが、IS01ではAndroidを採用しており、多角的にOSを採用していくということなのだろう。
琴線探査: 「通話は可能だが」というau初のAndroid特攻機 | Android搭載のシャープ製スマートブック「IS01」 - ケータイ Watch

フレー!フレー!シャー、アー、プゥ!