2010年4月3日土曜日

もはやキャリアの独自サービスはネックとなっているのかも | 端末開発の自由度増す メーカー、淘汰・再編加速へ - 日経

日経10.04.03朝
・・・バークレイズ・キャピタル証券の津坂徹郎アナリストは「SIMロックの解除で、日本の携帯メーカーはドコモやソフトバンク向けの独自端末を作ることから開放され、海外に進出することが可能になる。今回の政策はメーカーの海外進出の背中を押す」と指摘・・・ただでさえ疲弊している国内携帯端末メーカーの競争が激化すれば、業界の淘汰・再編が加速する可能性も・・・iPad・・・ネクサスワン・・・SIMロックが解除された形で市場に出る・・・そもそもiモードのような携帯各社の独自サービスを想定していないためSIMロックの必要がない・・・

確かに、SIMロックフリーは日本の携帯メーカーが日本専用の独自仕様の端末の開発から開放されるチャンスかもしれない。

やはり、ここでもポイントはiモードなどのキャリアの独自サービスだ。

iモードなどの独自サービスは、日本の携帯普及、携帯文化の発展に非常に役に立ったと思う。その功績は計り知れない。しかし、今となってはそれが裏目に出てしまっているのかもしれない。