2010年3月30日火曜日

iPhoneの文字がiPadに見える | iPhone全学生に貸与 横浜商科大学 - 日経

日経10.03.30朝
横浜商科大学(横浜市)は・・・iPhone・・・を1700台購入する。同大学は学生と教職員全員に無償貸与し、授業や出欠管理などに使う。・・・大学の全学生と全教職員に無償貸与する例は国内で初めて・・・ソフトバンクのeラーニング・・・システムを活用して授業の資料を配布・・・

ウラヤマシイなぁと一瞬思ったが、通信費やアプリ購入費はどうなるのだろう。それは自前か?もし自前だとすると、結構大きなお世話的な話かもしれないなぁ。「オレはAndroidがいんだぁ!」という人はどうするのでしょうか。

しかし、2年先にはこの「iPhone」の文字が「iPad」になっているのではないだろうか。授業環境という意味で考えると、iPhoneよりダンゼンiPadだろう。あれなら教科書やシラバスや配布資料もストレスなく読めるはずだ。

きっと数年先の学生は、ラップトップPCではなく、iPadを持ってキャンバスを歩いているだろう。もはや紙のノートも持っていないかもしれない。iPad専用バックバックみたいのが発売されてたり。