2010年1月17日日曜日

グーグル、サイバー攻撃被害 米議会、対中強硬論強まる

日経10.01.17朝
・・・対中批判が拡大する背景には中国政府への不信感が潜んでいる・・・ワシントン・ポストはヤフーやシマンテックなどのネット関連のほか「(防衛大手の)ノースロップ・グラマン、(化学大手の)ダウ・ケミカルなど少なくとも34社が攻撃を受けた」とする議会・業界関係者の話を紹介・・・オバマ大統領の支持率が低下する中、中国に弱腰と受け取られる対応は政治的な失点となりかねない・・・

シマンテックも?セキュリティを専門とする企業に仕掛けるとはすごい自信だ。

しかも軍事や化学関連の企業もとなると、これは国防に関わると見ているのかもしれない。アメリカの国内事情も関連してきているようだ。

いよいよ、ややこしくなってきた。