2010年1月15日金曜日

社説 中国はネットの「表現の自由」を認めよ

日経10.01.15朝
・・・民主主義や人権の擁護にはネットの「表現の自由」は不可欠であり、中国政府には誠意と良識のある対応を望む・・・中国外務省の報道官は「我々のインターネット管理は国際的なやり方に合致している」と反論・・・中国では海外と国内つなぐインターネットの基幹網を政府が管理している・・・だが世界第2の経済大国になろうと言う国が、表現の自由を阻み、過度な規制を設けるのは許されない・・・

日経はGoogle支持のようだ。

基幹網を政府が管理している中国が主張しているらしい「国際的なやり方」とは一体何を指しているのか不明だ。

この社説を読んで思った。「世界第2の経済大国になろうと言う国が・・・」というフレーズは2度と使うまい。今の日本人が言うと、どうしてもヒガミにしか聞こえないから。