2010年1月7日木曜日

産科診療を再開 厚木市立病院2年5ヶ月ぶり

日経10.01.07朝
・・・厚木市立病院・・・は医師がいないため中止していた産科の診療を2年5ヶ月ぶりに再開・・・4月からは月10件をめどにお産の取り扱いも再開・・・厚木市内でお産を扱う医療機関は同市立病院の再開で4箇所となる。

厚木はお産できる病院が少ないため、子供を産もうにも安心できない状態だった。喜ばしい。ただ、依然として少ないことには変りない。

子育て支援も重要だが、その前に産めなければしょうがない。その前に、結婚できなければ。その前に、経済的に自立できなければ・・・

子供を産み、育てると言うことにはどれだけの壁があることか。これらの壁を少しでも低くしていくような政策を期待したい。