2009年8月28日金曜日

「未来のためのQ&A」で有名政治家の動画をおさえる 17 かめい善太郎 自民党





かめいさんは地元の候補者だ。

TVタックルでもよく見るが、メディア慣れしていて、今の時代にはマッチした政治家だと思う。

各回答も、意外といっては失礼だが、かなりうなずけた。

子育て支援については現金ではなく現物支援を主張する一方で、子供がいない・できない人たちの冷遇があってはならないとも主張。この視点はこれまで聞いた事がなかったが、その通りだと思う。

年金では基礎年金税方式を主張。超党派の改革が必要とも。同意。ただ、同じ自民党でも加藤さんとは主張が違うなというところが気になるが。

外国人参政権は反対。なぜなら参政権が欲しければ日本人になればいいからと。同意。

外国人の雇用を考えるより、まずは高齢者や女性、職を失っている日本人の雇用が優先されるべきとのこと。同意。

農業。北海道ではピンとこないらしいが「都市農業」というのがあり、税負担が高いらしい。知らなかった。お父さんが農水大臣だったこともあり、農政にはなかなか詳しそうだ。

政治でのインターネット活用については公職選挙法は時代遅れであると。どんどんやるべきとの立場。インターネットはすでに公器であるとも。同意。

ふむ。民主党の候補者に押されて、かめいさんの劣勢が地元では伝わっているが、こりゃ考え直さなきゃならんか。

地元の民主党の候補者はビデオすらアップされていない。自分としてはもうこの時点でかなりマイナスイメージだ。

民主党に政権を取らせたいのはやまやまだが、かといって、有能そうだと思う政治家を政党が違うという理由だけで落としてよいものなのか・・・

正直、悩んでしまった。