2009年5月25日月曜日

Kindle版書籍の売上げ数は印刷版書籍の35%に達している

Kindle版書籍の売上げ数は印刷版書籍の35%に達している

すでにこの記事内でも修正されているが、この数字は少々大げさのようだ。

ただそれでも、全売上冊数の4分の1程度はKindle用のデジタル書籍のようだ。

さらに「ただし」がつくが、もちろんこの数字はKindle対応の書籍の場合なのであって、米Amazonの総売上冊数における4分の1ではないようだ。

まぁ細かい数字は置いといて、とにかく、アメリカでは相当Kindleが売れているということだろう。

米Amazonは今でこそ色々なものを売っているが、元々はネット本屋さんだったと記憶している。その本業の切り札として、Kindleを出したに違いないと思う。素晴らしい。

紙を使わないで済むし、かさばらないし、少し安いようだし、デジタル故に検索性も高そうだし、出版される本の選択肢が増えて日本でも買えれば、自分も買うかもなぁ。

auの新しい機体「biblio」がそうなるか、注目されるところだ。